YOSHIKO KOMATSU・小松佳子
熊本で遭遇した猫に魅了されて以来、30年ライフワークで猫たちのポートレート撮影を中心に活動しています。

大手広告会社で多少写真とは関連のある雑誌・単行本の編集、ウェブサイト制作・管理・運営、VI管理などに従事していました。2015年に退社後はライフワークの猫たちの撮影に専念しています。

普段は保護猫カフェの猫たちを撮影してSNSで紹介しながら、ご家族と暮らす猫たちを、撮影して小冊子や額装写真を制作しています。新型コロナが落ち着いて、気兼ねなくご自宅などに伺えるようになれば再開したいと思っています。

今までに、保護猫のサポート撮影は、2010年〜2016年9月猫の保護・譲渡活動を行う団体で撮影サポートを実施、1万枚の写真を提供。2016年10月より、ネコリパブリック(東京店舗)で撮影活動。Facebookのネコリパブリックお茶の水店の猫紹介(署名写真の投稿)を担当し年間7万枚の写真掲載。